公益財団法人 とよなか国際交流協会

海外渡航用の予防接種証明書について (2021年7月30日)

新型コロナウイルスのワクチンを接種済で、今後海外渡航を予定している方は、申請すれば接種証明書(ワクチンパスポート)を発行してもらえます。


・申請方法は、郵送での申請と電子申込の2通りあります。

・接種証明書は、豊中市で発券した接種券でワクチン接種を実施した分についての発行となります。

・発行手数料は無料です。

・接種証明書は、申請を受付後5~6日程度で郵送します。


~郵送で申請する場合~

次の1から6の書類を下記送付先へお送りください。


1.交付申請書

 以下の交付申請書をダウンロードして、必要事項をご記入ください。

交付申請書(PDF:211KB)※日本語・英語


交付申請書記入例(PDF:383KB)


※お名前が自署でない場合は、お名前の横に印をおしてください。

※交付申請書は、保健所、市民課(市役所第一庁舎1階)、庄内出張所、新千里出張所にもあります。


2.パスポートの写し

 パスポートの番号、名前、生年月日などが記載されたページの写しをご用意ください。


※接種証明書には旅券番号を記載します。有効期限が切れている場合やパスポートをお持ちでない場合は、接種証明書を発行することができませんのでご注意ください。

 ※パスポートに旧姓・別性・別名の記載がある場合は、旧姓・別性・別名が確認できる書類の写しを同封してください。

 ※接種証明書を取得した後にパスポートを更新され、旅券番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得していただく必要があります。


3.本人確認書類の写し

 住所および氏名の確認ができる本人確認書類の写しをご用意ください。 (マイナンバーカード、運転免許証、在留カード等)


4.切手を貼った返信用封筒

 住所・氏名をご記入いただき、切手を貼ってください。

 ※住所は、本人確認書類に書かれている住所をご記入ください。

 ※郵便料金については、定型封筒で普通郵便84円、速達374円となります。


5.接種券の写し

 接種券番号の確認が必要となるため、接種済の場合は未使用の予診のみ券の写しをご用意ください。


6.接種済証もしくは接種記録書の写し

 接種券の右側が接種済証となっています。ワクチン接種後、接種情報を記入してご本人にお渡ししているものとなります。

  ※本書類をお持ちでない場合は、予診票の写し(本人控え)をご用意ください。


※代理人が申請する場合は、上記1~6の書類に加え、下記7・8の書類も必要となります。

7. 委任状

 委任者がすべて記入してください。

8. 代理人の本人確認書類の写し

 住所および氏名の確認ができる本人確認書類の写しをご用意ください。

 ※返信用封筒には、代理人の本人確認書類に記載されている住所と氏名をご記入ください。



【書類の送付先】

〒561-8501

豊中市(とよなかし)中桜塚(なかさくらづか)3―1―1

豊中市役所(とよなかしやくしょ) 

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書担当(しんがたころなういるすかんせんしょうよぼうせっしゅしょうめいしょたんとう)

〒561-8501

3-1-1 Nakasakurazuka, Toyonaka-shi   Toyonaka City Hall

Shingata Corona Uirusu Kansensho Yobousesshu Shomeisho Tantou



~電子申込で申請する場合~

下記の電子申込システムから申請してください。

  ※郵便料金はクレジット決済となります。クレジットカードをお持ちでない場合は郵送で申請してください。

(URL)申請はこちらから


<お問合せ先>

とよなかワクチンダイヤル

電話:06-6151-2511(土曜・日曜日、祝・休日を除く9時~18時)